>

英会話教室選びの意外なポイント

英会話スクールで挫折しないポイント

多くの英会話教室では充実のマンツーマンレッスンによって、ビギナーにも理解しやすいカリキュラムを用意していますが、それでも、この種の語学スクールではどうしても途中でレッスンを挫折したり、短期間でやめてしまったりする方も少なくありません。どんなカリキュラムでも途中で挫折してしまうとせっかくの語学力が身につきませんし、コスト的にもロスが大きくなってしまいます。
挫折しないようにするためにはまず、目的意識をはっきりさせることが大切です。教室で身につけた語学スキルをおもにビジネスで活かしたいのか、プライベートに取り入れたいのか、あるいは、近いうちに留学や出張をひかえているのかなど、「何のために英語を学ぶのか」、「どのようなシチュエーションで英語が必要なのか」を自分なりに分析したうえでカリキュラムを選ぶことによって、長期的なスパンでモチベーションがつづきやすくなり、ゴールまで到達しやすくなります。

学校より役に立つ語学レッスン

日本人にとって、生まれてはじめて本格的にふれる英語はいわゆる「学校英語」ではないかと思われます。そして、このことが「日本の英語教育がうまくいっていない」と言われる原因になっており、日本人の根強い語学コンプレックスの源泉にもなっています。この意味で考えると、たとえば、学校の授業で1日1時間英語を学ぶより、その分早く家に帰って地域の語学教室で生きた英語を身につけたほうがより効果的で、より実践的であるように思われるかもしれません。
ただ、だからといって学校英語が一概に害をなしているのかというと決してそうではなく、学校英語には学校英語にしかないメリットがあって、語学教室でのレッスンと上手に組み合わせることによって多面的な語学スキルを身につけることができますし、知識をうまく補完することができます。


この記事をシェアする